2013-11-06

Mac HDDフォーマットの種類:Winと共有するならexFATがオススメ!


MacやWindowsのハードディスクフォーマットは数種類あります。
Mac用のHDDがWindowsで読み込めない場合があるのは、フォーマットが違うからです。
もし、MacとWindowsで共有するような場合、条件を満たしているならexFATフォーマット一択です!
LinuxにもexFATのドライバを入れれば、OK!

 
exFAT対応
・OS X10.6.5以降
・Vista SP1以降
・WindowsXP SP2以降は更新プログラムが必要。
 
というわけで、少し調べてみました。

主な?HDDフォーマット

HFS+ Mac拡張(ジャーナリング)

Macのデフォルトのフォーマット。Macでしか使わないならコレ。

NTFS

■メリット

Windows2000以降のフォーマット。現状のWindowsPCの主流。
アカウント毎にアクセス権を設定できるので、セキュリティ面もFATよりいい。

■デメリット

Macでは、認識されない。または読み込めるけど書き込めない。
Macで使用する場合は「NTFS for Mac OS X」などのソフトをインストールしなければならない。

exFAT

■メリット

条件を満たしていて、MacとWinのみの共有なら最強。オススメ!

■デメリット

比較的新しいフォーマットで古いOSには対応していない。
・OS X10.6.5以降
・VistaのSP1以降
・Windows XP SP2以降は更新プログラムが必要。
という条件がある。

FAT

■メリット

FAT32は、Windows95、98、meにも対応。MacでもLinuxdeでも読み込める。
なかなかオールマイティ。古いWindowsに対応させるならコレ。

■デメリット

1つのファイルが4Gまでという制限があるので、映像ファイルなど大きなデータを扱えない。

HFS

OS8.0以前のオールドマックのフォーマット。
ちなみにフロッピーディスクはHFSでしかフォーマット(Macの場合)できない。
今更、使うこともないだろうけど・・・。


コメントを残す